大分ドローンフェスタのお話

2018年9月、大分県ドローンフェスタというドローンのイベントが大分県の大銀ドームで行われました。その時はまだドローンの宿構想は頭の中で部品だけがガチャガチャぶつかり合っててしっかりとピースがはまっていませんでした。それでもあのイベントがあったからいまドローンの宿が形になっている、そんなイベントでした。

出展内容はDJIドローンの展示、VR体験コーナーでした。機体はTelloからM600まで。なかなか大分県でこういった機会もないので来場者さんにいろんな機体に触れていただけてのでよかったです。スタッフも総勢10名でブース出展したため3名ドローン展示ブースに配置でき、たくさんドローンの質問に対応させていただけました。

VRコーナーでは、『すすむVR』という『株式会社ドリロボ』、『株式会社ジュンテクノサービス』、そしてうち『合名会社ユフプロ』の3社共同プロジェクトを出展させていただきました。VRコーナーは確か合計6台。2018年のジャパンドローン、国際ドローン展でもVRゴーグルのみのものは出展しましたがバイク連動型は大分県初お披露目となりました。ドリロボさんはVRの会社さんでジュンテクノは僕が非常勤で講師をさせていただいているドローンスクールになります。すすむVRはVRゴーグルを装着しエアロバイクを漕ぐと空中散歩が出来るVRシステムになります。2017年に3社で軍艦島を8K撮影した映像を使い、空からの軍艦島を360度体験していただけるという子供から大人まで楽しんでいただけるサービスです。

今年もまた大分ドローンフェスタがあるのかはわかりませんが大分県の空中散歩が出来るすすむVRも作成しておりますので機会があればお披露目できるかと思います。

さて、なぜ今頃こんな話をしているかというと、来週3月13日から15日は幕張メッセで日本最大規模のドローンのイベントJapan Drone 2019が開催されます。大分県ドローン協議会内ブースにてドローンの宿としてブース出展いたしますのでよかったら遊びに来てくださいね。

ちなみに『ドローンのことなら俺に聞け』というキャッチコピーですがこのイベント用に作ったもので、生意気な感じが炎上するだろうなぁと思いながらもいろんな来場者に『ドローンの人』という存在を知ってもらうためにビクビクしながらつけたものでした(笑)まぁ、僕が何でも知っているわけではありませんがその時は全力で仲間たちに聞けばいいのです。ドローンって仲間がいないと本当に誰に聞いてもいいのかわからない、ドローンリテラシーのある人がいないと誤った方法を取ってしまったり前に進みたくても進めなかったりします。僕はドローン経験値を上げるために毎月関東出張してドローンのイベントに行ったり仲間たちの手伝いをしたりと1年半ほどやっていましたが、毎月ものすごくお金がかかりました。その先行投資のおかげで今の自分がいますが、大分県にいながらドローンの情報を得られる、そんな場所にドローンの宿はなって行きたいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA